② ■脳幹トレーニングの写真+映像

 

長崎のKさんからメールが届きました。
「7月2日夜、娘(33歳)と2人でテレビを見ている時、娘が急に奇声をあげて倒れ、その後、体の痙攣と硬直、意識混濁で、救急車で病院に運んだ。」「MRIの結果、左脳に腫瘍があるとの事で、照会状を書くので、すぐに大学病院へ行くように言われた。」「大学病院には行かない。月曜日に病院を退院した後、火曜日に娘を岡山に連れて行くので、相談に乗って欲しい。」との事でした。

ちょうど行橋市の海水浴場で、発泡スチロールを使用して脳幹トレーニングをしているご夫婦がいるので、そこで合流をして、一緒に海で脳幹トレーニングをしましょうと言う事になり、7月7~8日に簑島海水浴場で、急きょ脳幹トレーニングをする事になりました。

私は、長年、数多くの癌患者の死を見てきましたので、必ず治るとの確信を持ちました。
その時の様子をビデオで撮りましたので、参考の為にご覧ください。

脳幹トレーニングというよりは、“癌の笑い療法”と読んだ方が良いと思えるほど、家族が腹の底から大声で笑っていました
➡家庭内で、このように腹の底から、家族全員が大声で笑い合う事があるでしょうか?

 (行橋のご夫婦) (脳腫瘍の親子3人) (大分の辻井さん)

   ビデオ① 7月7日(行橋のご夫婦+脳腫瘍の親子3人)

   ビデオ② 7月7日  

   ビデオ③ 7月7日

   ビデオ④ 7月8日(脳腫瘍の親子3人+辻井さん)

   ビデオ⑤ 7月8日

   ビデオ⑥ 7月8日

 ※ 簑島海水浴場で、脳幹トレーニングをしている河田さん御夫婦を見かけたら、声をかけてあげて下さいね。   

・・・・・・・


・・・・

・・・・


・・・・・

・・・・・


・・・・・・

・・・・・・


・・・・・・

・・・・・